スパイラルビーツ

スパイラルビーツ信州ゆめクジラ農園
ビートと言えば中が濃い赤紫色の物が主流ですが、ビートのこの色はアントシアニンではありません。
ベタライン類と呼ばれる植物性の色素で、赤紫色の「ベタシアニン」と黄色の「ベタキサンチン」によるものです。
このバランスによっていくつかの品種が生まれ、赤紫色の部分が黄色いものやオレンジ色の物、赤紫の部分の幅が狭く白い部分が広いものなどがあります。
このビーツの輪切りを一枚、お皿に盛りつけるだけでとても華やかなひと皿が演出できます。

Follow me!