金時草

金時草信州ゆめクジラ農園
金時草(キンジソウ)や「式部草(しきぶそう)」と呼ばれているものは標準和名では「水前寺菜(スイゼンジナ)」といい、
東南アジアが原産とされるキク科の多年草です。
熊本県の水前寺地区(現在の熊本市中央区水前寺町)で湧き水を利用して栽培されたことから水前寺菜と呼ばれるようになったそうです。
葉の色に特徴があり、表面が濃い緑色に対し、裏は鮮やかな紫色をしています。
軽く加熱して食べるのが一般的です。

Follow me!